【大分・竹田で有機藍の栽培から行う藍染め職人さんの作品が日本橋三越に✨7/10~7/16まで】


【大分・竹田で有機藍の栽培から行う藍染め職人さんの作品が日本橋三越に✨7/10~7/16まで】

藍染めはまるで宇宙染め。

大分上野マナビルプロジェクト @manabldg のご縁で竹田に伺ったとき、歴史ある蔵を改装した「紺屋そめかひ」 @kouya_somekai さんにご案内いただきました。
その日は、夏のような陽射しだったのですが、
一歩中へ入るとひんやり静寂の空間。
絶えず水の流れる音が心地良くて。
(竹田はどこも水が清らかに流れる町という印象!) 藍染め、植物染め、そして、
型染めで絵を描かれるご主人の作品が
飾られていて。
その圧倒的な美しさに魅了✨✨✨ 奥で、ご主人が藍染めをされているということで、見学させて頂きました。
自然光が射し込む空間の中で、
作業をされているご主人の姿が
あまりに神々しくて、
最初は、話しかけるのを躊躇してしまったほど。

でも、実際は、とても丁寧で穏やかな方で、
藍についてやその魅力を優しく
聴かせてくださいました。

藍染め職人さんならではのまるで手袋をしたかのように染まった手についても、
「毎回スーパーで、わ!と
ビックリされるんですよ。笑」と。 ******** 辻岡さんは、なんとご夫妻共に
マナビルのすぐそばにある芸術短大のご出身。
日本画を学んでいらっしゃったところ、
ある日、学内で藍染めをやっている前を通り、
染めたての深い緑の布が、
空氣に触れて美しい藍色に変わっていく様に
感動し「これだ!」と独学で
藍を学んだのだそうです。
さらには、竹田でたけた有機藍を自ら栽培。
昔ながらの作り方という
無農薬有機栽培の藍を使って
染めていらっしゃいます。

藍は、発酵させるのですが、
辻岡さんが育てた藍は、
とても強いエネルギーが宿っているようです。 ******** まるで宇宙のような
藍の樽の中から引き上げられた
深い黄緑色のような布は、洗って干すと、
まるで魔法のように、
美しい藍色に変わっていって。
藍は生きているんだとその目で実感!

宇宙の神秘がそのまま布に染められたかのよう。
こんな生きた藍で染められた服を
身にまとったり、
生活の中に取り入れたり出来たら。
モノを長く愛する心、大事にする豊かな心を感じながら日々を過ごせるのでしょうね。
そんな「紺屋そめかひ」さん
7/10〜16まで日本橋三越本店の本館5Fで展示販売を行うとのこと。

詳細はこちら↓
*************************
@kouya_somekai 2019年7/10(水)から16日(火)
東京日本橋三越本店
本館5階ギャラリー ライフ マイニングイベント爽やかな夏の団欒
「紺屋そめかひ・藍染展」

営業時間10時から19時
(最終日17時終了)

大分県竹田市にある染色工房
紺屋そめかひの夏の新作展示会です。
豊かな土壌と清涼な水で自ら育てた
藍を使って藍染をしています。
ワンピース、涼しいはおりもの
スカート、パンツ、トップス
バッグなど多数ご用意致しました。皆さまぜひご来場くださいませ。
************************* 今年の夏のはじまりは日本橋で🎋

辻岡ご夫妻、Naomiさん
ありがとうございました✨

#大分 #おおいた #Oita #大分上野マナビルプロジェクト
#藍染 #爽やかな夏の団欒 #東京 #日本橋 #tokyo #nihonbashi #mitsukoshi #日本橋三越本店 #紺屋そめかひ #竹田市 #竹田 #有機藍 #たけた有機藍染 #藍染職人 #職人 #Indigo #indigoblue #ai #aizome #mysticaljapanblue #japan #organic #organicindigofarm #organicindigoplant #japanesetraditional #ツタエルヒト。

Instagram filter used: Normal

Previous 今年もアートアクアリウムが開催されるということで、
Next 手にしたお野菜の生産者さんを知ってる安心感や喜び