鹿児島県・指宿市(いぶすきし)に来ています。

Read More

行きも帰りも自分の足で。

Read More

昨年のマウイ滞在中

Read More

SNSで自由に伝える中で、 最も反響の大きかった【離乳食・幼児食】と【マウイ】のこと。 アップする機会を逃していたものもありますし、 改めてまとめて読みやすく出来たらと思い、 noteで書いていきます。 https:// …

0 50

キュレーターとして、 オススメの手土産を紹介している【ippin】 今回は、製造工場見学をさせていただいた指宿産鰹節「本枯れ節」です。 製造工程を見ると、これまで以上に大事に使いたくなりました。 発酵食品でもある「本枯れ …

0 53

娘が生まれて1000日記念。 御礼参りの神社巡り⛩ 安産祈願でお参りにきたとき 娘がお腹の中にいた感覚がふと蘇りました。 一人の命の成長とこうやって向き合って過ごす日々は、喜びであり、修行。 御礼を伝えると共に 心を整え …

0 41

スーパームーンの美しさに惚れぼれする前、太陽の輝きに魅了された一日☀️ サイトOPEN記念に、太陽のエネルギーを注ぎ込んだワインで乾杯🥂✨ という嬉しい時間を頂いた今日は、 実は、横須賀市秋谷エリアの 海辺のレストランを …

0 64

ツタエルヒト。のサイトをOPENしました。 この場からどういう発信をして、 どういう世界が広がっていくのか、 どういう人や場所と繋がっていくのか、 私自身も胸高鳴る想いです。   サイトOPENにあたり、 その …

0 83

キュレーターとして、 オススメの手土産を紹介している【ippin】 今年最初のippinは、大阪のイタリアンの名店ポンテベッキオのD-sandです。 山根大助オーナーシェフのこだわりが詰まったピスタチオ香るダックワーズ。 …

82

ツタエルヒト。 声で、言葉でツタエル。 イベントで、ネット上でツタエル。 これまでの経験と今とこれから。 自由に、豊かに、平和に。 未知のこと。未開のこと。 これから出逢い、繋がり、広がる喜び。 届けるエネルギーが 双方 …

65

【鎌倉にて奇跡のタイミングでコンブチャ✨】 今朝、ふとマウイで毎日のように飲んでいたKOMBUCHAが飲みたくなって自分でも作りたいなとネットで検索していたのですが、鎌倉での打合せの後に「美絵ちゃん、コンブチャ好き?」と …

137

こんなに美味しいダックワーズがあるなんて✨一口いただいた瞬間の驚きは今も鮮明に残っています💕 大阪のイタリアンの名店ポンテベッキオの山根大助オーナーシェフが手掛ける究極のダックワーズを今年最初のippinでご紹介させて頂 …

89

指宿の美味しさ満載の 娘朝ごはん🍽☀️🍀 +大丸鰹節のなま節 +指宿スナップエンドウ +いぶすき陵西空豆 +指宿鰹節たっぷりの具沢山お味噌汁 +おにぎり +プチトマト なま節は塩も不使用で、 原材料は「鰹」だけ。 鰹の旨 …

0 64

鹿児島県・指宿市(いぶすきし)に来ています。念願の指宿、さらに念願の鰹節製造見学へ🐟✨ 指宿は、本枯節の生産量が日本一! 質の高い鰹節、発酵食品の鰹節を作っています。(鰹節には、発酵させるものとそうでないものがあります。 …

64

こんな環境で育っているキャベツ、 間違いなく美味しい🍀💕 甘くて澄みきった味✨✨✨ 試食お代わり。

53

お正月三が日の翌日は、 大好きな祖母の命日。 このタイミングで お墓参りに行きたかったので、 お正月に帰省出来て良かった。 自然の流れに身を任せていると 今、やることが見えてくる。 そして、それがスッと決まる。 矢を的に …

46

行きも帰りも自分の足で。 階段好きの娘にはたまらないチャレンジ✨達成したときの嬉しそうな顔!good job👍

45

地元大分の神社で初詣⛩ 私が幼い頃着ていたお出掛けコートを着ている娘。 34、5年前にこのコートを着てお参りした遠い記憶。小さい頃の私が戻って来たみたいと喜ぶ両親。笑 手を繋いで歩いたり、嬉しくなってターッと走っていく孫 …

48

昨年のマウイ滞在中、今度大分へ帰省したときに行きたいと思っていた霊山⛰ 約25年ぶりに山の上へ。 遠い記憶が蘇る景色と、 新鮮な感覚とが交差して。 両親も、祖父も子供の頃 遊んでいた山だという話を聴きました。 *** 本 …

54

私が産まれてから中学生の頃まで過ごしたお家へ🏠 帰省する度にそちらにも帰るのですが、ちょうど蝋梅が満開で良い香り✨ クチナシの実や夏ミカンもたくさんなっていたので、娘と収穫。 お庭から見える霊山🍀 いつも何か見守ってくれ …

51

明けましておめでとうございます🎍✨ 初詣と黄金一番出汁を引き、夫の実家へ行くという毎年恒例のお正月に加え、今年は久々に地元大分へ🍀 両親とお正月過ごすのは本当に久しぶり。 両親がどれほど孫、子とのお正月を楽しみにしていた …

48